SPECIFICATIONS ―設備概要―

非常用給排水と耐震性

当ビルは、地震力1.25倍の耐震性を持つ設計になっています。また、停電・断水時にも1日分の給水・排水が確保されます。

○非常用電源について

屋上に非常用電源が設置できる場所を確保してあり、将来的に増設できるように配線スペースは確保してある。

○耐震性について

最大直径3mになる鉄筋コンクリートを6本16mまで杭打ち済。その上に地下1階分の厚さのマットスラブ(コンクリート層)の上に建築。ブレースと呼ばれる補助柱を入れ、耐震性能を1.25倍に引き上げている。震度6強~7でも躯体に修復不可能なダメージを受けない構造になっております。
※学校や病院などの避難先として指定される仕様

○非常用給排水について

給水(飲み水、手洗い)
排水(トイレなど)
災害時に帰宅できないビル利用者の想定数が丸1日生活できる容量を確保している。断水・停電しても大丈夫。

柱レスの構造

執務スペースに柱がない新構造。使う人を考え無駄なスペースを極限までなくした構造。

柱型を壁柱とし、整形な空間を実現

加藤文明社企業サイト