Virtua Viewer

『Virtua Viewer』は、立体視ディスプレイ「zSpace®」専用の多機能汎用VR(Virtual Reality)ビューワーです。
お客様が持つ3Dモデルデータを立体表示させ、臨場感あふれるVR体験を提供します。
『Virtua Viewer』は一般利用に向けて販売されており、学校や企業などさまざまな場所に導入されています。

アプリイメージ
アプリイメージ

zSpace®とは

zSpace®とは、米国zSpace®社が開発した3次元立体視ディスプレイです。
専用の偏光グラスの動きを感知して、人の動きに合わせたVR空間を作り出します。
ヘッドマウント型ディスプレイと異なり、専用グラスをつけることで複数人で1つのディスプレイを共有できます。
この特性を活かして、企業や学校などの教育現場への導入が進んでいます。

詳しくは「zSpace®について」をご覧ください。

アプリイメージ
アプリイメージ

利用シーン

『VirtuaViewer』は医療や教育、エンターテインメントなど、目的や用途に合わせて様々なシーンで利用されています。

アプリイメージ

医療

内臓や骨格などを3次元的に見ることができます。

アプリイメージ

製造

巨大な機器、高価な精密機械などの構造を、実物を使わずに学ぶことができます。

アプリイメージ

教育

立体構造への理解力が深まります。

アプリイメージ

プレゼンテーション

商品をあらゆる角度から見せることができます。

販売価格

販売価格

1ライセンス 100,000円(税抜き)

※購入日より12ヶ月間のご使用が可能です。 使用期間を延長される場合には、別途ライセンス購入が必要となります。

※『Virtua Viewer』をお使いいただくには、zSapce本体が必要です。
詳しくは「zSpace®について」をご覧ください。

Virtua Viewer機能紹介

VirtuaViewerに実装された機能を使って、3Dモデルを様々な方法で観察することができます。

アプリイメージ

拡大・縮小

モデルを拡大して詳細を確認したり、縮小して全体を見渡したりすることができます。

アプリイメージ

カメラ

カメラの位置を自由に変更することで、立体映像を内部から観察したり、普段では見ることのできない視点から対象モデルを観察することができます。

アプリイメージ

スクリーンショット

お気に入りのシーンを画像ファイル(PNG形式)で保存することができます。

アプリイメージ

断面表示

縦、横、斜め、任意の角度や場所でモデルを切断して、断面を確認することができます。

アプリイメージ

明るさ調整

モデルの明るさを調整して、細部まで確認をすることができます。

アプリイメージ

分解機能

任意のパーツを取り外して、機械の構造を確認したり、内臓の位置を把握したりすることができます。

株式会社 加藤文明社

〒101-0061
東京都千代田区神田三崎町2丁目15番6号 K-STAGE

TEL:03-3261-8281 / FAX:03-3261-8292

media-eigyo@bunmeisha.co.jp

ページTOPへ