ニュースリリース

2020年11月27日
千葉商科大学 政策情報学部の学生たちと「オンライン工場見学会」を開催しました

千葉商科大学 政策情報学部のみなさんと「千葉商科大学×加藤文明社 データ入稿から、本ができるまでを学び体験する オンライン見学会 2020」を開催しました。

当社では昨年より、同校でエディトリアルデザインを学ぶゼミ生に向けて印刷工場見学会を実施しています。今年は、感染症対策の観点から、オンライン見学会としてライブ配信に切り替えての開催となりました。

政策情報学部の楜沢順先生、吉羽一之先生をはじめ、学生たちも企画段階から係わり、初めての試みとなるオンライン見学会をいっしょに作り上げました。

撮影・配信は、政策情報学部で映像制作を学ぶゼミ生に協力を要請。ゼミ生にとっても、本格的な機材による撮影・ライブ配信の実地研修の機会となりました。

見学会のテーマは、前年同様に「印刷の基礎知識と本ができるまで」に決定。学生たちが入稿した作品データが、1冊の作品集として完成に至るまで、印刷会社の仕事をご紹介しました。

配信には当社のプリンティングディレクターも出演し、印刷のしくみや色、カラーユニバーサルデザインについて解説。実作業を中継しつつ、ワークショップや対談を織り交ぜて、オンラインながら臨場感ある体験授業を目指しました。

自分の作品が印刷物になり、製本されて本というカタチになった瞬間を、学生のみなさんはどのように感じてくれたでしょうか。そんな体験が、これからもたくさんみなさんに訪れることを願っています。

今後も学生のみなさんに微力ながらお役に立てるよう取り組んで参ります。
千葉商科大学 政策情報学部のみなさま、ありがとうございました。  

__________________________________________

今回の取り組みは『NEWPRINET』さまのニュース・トピックスにも取り上げられています。
ぜひ、下記リンクも併せてご覧ください。

加藤文明社、千葉商科大学 政策情報学部とのコラボレーション体験学習をオンラインで開催

画像

 

PageTopへ