VR事業への取組と実績

加藤文明社は、立体視ディスプレイ「zSpace®」を用いたVRコンテンツ事業に取り組んでいます。
3次元立体視による原子の構造や多面体の展開図などが、立体構造の学習に役立ちます。
巨大な機械、精密な部品、希少で高価な材料などをVRで表現することで、企業研修に対するコストを大幅に削減できます。

加藤文明社は、第8回〜第10回の教育総合展【EDIX東京】へ出展しました。
当社の学校教科書や参考書の制作に関する知見を活かしたコンテンツを紹介し、多くの方々に弊社ブースへお越しいただきました。

アプリイメージ
アプリイメージ

動画ライブラリー

加藤文明社のVR事業への取り組みを紹介します。
花園中学高等学校からの監修を受け、学習用のVR教材を開発しました。さまざまな企業向けにVRシステムを利用した研修用ソフト開発が進行しています。

コンテンツ

Virtua Viewer

『Virtua Viewer』は、立体視ディスプレイ「zSpace®」専用の多機能汎用VR(Virtual Reality)ビューワーです。
お客様が持つ3Dモデルデータを立体表示させ、臨場感あふれるVR体験を提供します。『Virtua Viewer』は一般利用に向けて販売されており、学校や企業などさまざまな場所に導入されています。

アプリイメージ
アプリイメージ
アプリイメージ
アプリイメージ

教育事業への取り組み

花園中学高等学校の監修を受け、教育向けのコンテンツを制作しています。
このコンテンツでは細胞の構造、脳の働き、立体の展開図などを、3次元立体視を使って学ぶことができます。加藤文明社が培った学校教科書や参考書の制作に関する知見が、この教育向けコンテンツ制作に活用されています。

アプリイメージ
アプリイメージ
アプリイメージ
アプリイメージ
株式会社 加藤文明社

〒101-0061
東京都千代田区神田三崎町2丁目15番6号 K-STAGE

TEL:03-3261-8281 / FAX:03-3261-8292

media-eigyo@bunmeisha.co.jp

ページTOPへ